​美味しいお米のわけ

安心安全の有機栽培管理

​ 有機JAS認証を取得している農家さんは全体的な農家さんの中でわずか、0.22%しかいません。

 なぜか? それは手間がかかるの一言に尽きます。

 通常除草剤があれば、1.2回で終わる田んぼの除草も、有機栽培の場合 人の手 機械の手 鴨の足が必要となります。 肥料も一般的に使用されている化学肥料と比べるとN P K (窒素 リン酸 カリウム)といった植物が成長するにあたって必要な栄養成分が、有機肥料は肥料分量に対して少ないです。それでもって価格は2倍以上の値が付きます。

 

 なぜそうまでして多く散布しなければいけなくて、高額な肥料を使用するか・・・ なぜそんなに手間のかかることをするのか・・・ それは「美味しくするため」「安心安全の農作物を作る事」です。 有機肥料だと土壌にいる小動物、微生物などが活発に働き「食物連鎖」がおきます。微生物が活発に活動してくれると植物を強くしてくれたり、土壌から良質な養分を吸収してくれるため、風味も味も本当に美味しくなってくれます。私のお米を購入してくれる方もこんなに美味しいお米は食べたことがないとも言ってくれます。

 有機栽培をすることにより田んぼの中の生態系も守られ、環境問題にも貢献しています。

 そんな有機栽培をできるのも、「有機作物」の「価値」を認めてくれ購入してくれるお客様あってのことだと思います。